custom-header

消費者金融の主な特徴とメリット

消費者金融の主な特徴とメリット

017

消費者金融と言いますのは、貸金業法という名の国の法律のもとに、貸金業を運営している企業になります。昔は怖い印象を持つ人もいるでしょう。

高金利の状態で貸付けられたり、或いは延滞するとトラブルになったりとイメージする人もいます。

自明のことですが、適正な会社につきましてはそういったことはできません。 貸金業法という名の国の法律によって規制されているためです。

貸金業法においては、利息の上限は当然、無理がある取り立てに関しても非常に厳しく制御されています。

国の法律によって規制されている一方で、グレーゾーンの営業を展開している中小街金も中にはあります。

しかしながら、テレビで名前を見るような一流企業の場合、こうした営業はほとんど無いと言っていいでしょう。 その理由は、大手というのは銀行の資本が加えられている会社少なくありません。

参照サイト
お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?

銀行系統カードローンなどと称されています。銀行傘下なので、国の法律を放置するような真似はしません。

一般的に考えて、銀行カードローンと比較してみても消費者金融のカードローンの方が審査にパスしやすいといわれています。

自明のことですが、絶対に審査にパスするというわけではありません。それから、やはり審査がスピーディーです。即日融資そして、即日振込対応も結構あります。

ノンバンクの主な特徴と銀行との違い

009

ノンバンクを可能な限りシンプルなキーワードによって解釈すると、銀行とは異なる金融機関と考えることができます。

要するに、銀行、あるいは信用金庫とは違った、預金を受け容れずに融資を実施する業者の総称であるといえます。

従って、あてはまる業者はとても多く、ひとつの例として、 信販会社 それから、事業者向け金融会社 さらに、クレジットカード会社などが代表的と考えられます。

以上のような業者につきましては、銀行、あるいは信用金庫とは異なり、貸金業法という国の法律によって規制されることになります。

それに加えて、貸金業法に関しては、年収額の3分の1以上の貸付を制する総量規制というシステムがありまして、該当している業者の融資がその対象となります。

銀行との相違に関してですが、 預金のシステムがないこと、そして対象となる決められている法律が貸金業法ということになります。

それら2つに相当していれば、その金融機関に関してはノンバンクになります。それに対して、いずれも当てはまっておらず銀行法の対象であるのなら銀行となります。

以上のように、2つには大きな違いがあります。 実際に利用者にとってわかりやすい違いを挙げれば、審査になります。

ノンバンクの審査につきましては基本的に自分の会社でなされており、特有の審査基準が導入されています。

それに対して、銀行は保証会社に対して審査に関する業務をお任せしているケースがほとんどになります。

適している人は、 融資を急いで、金利の水準の低さよりも融資のスピードを重要視したい人です。また銀行の審査にパスしない というケースも適しているでしょう。

それに対して、適していない人は、 低い水準の金利で借りたい 、あるいは融資のスピードよりも金利の水準の低さを重要視したい という方でしょう。

主な異なる点と相違の重要ポイント

018

まず第一に、ノンバンクというのはそのキーワードが映し出すように、あらためていうまでもなく、銀行ではないところという意味合いとなっています。

分かりやすい解釈をするならば、銀行以外で金銭を貸与してくれるところというふうに受取っていいでしょう。

要するに、銀行の様に金銭そのものを預かる業務に関しては、会社の業務としまして、実施していないけれども、金銭を貸すといったお金に関係した業務を展開しているいわゆる信用業務を行っている会社ということができます。

従いまして、消費者金融イコールノンバンクの一種という風になりますので、こうした意味から考えますと同義語であるといえます。

したがって、消費者金融というキーワードは、一層詳しい内容での表現となります。ほかにもクレジットカード会社、或いは信販会社それから、生命保険会社などがノンバンクの一種と位置付けて挙げられますし、電子マネーの扱いも、非常に広い意味で考えれば捉えることもできます。

次いで、消費者金融に関してですが、その業務スタイルはといいますと、一個人に対しましてお金の融資を展開しているところというものですが、一般的に考えて一個人に対して無担保そして、無保証人で使い道が自由な相当額の現金を借りることができるところが考えられています。

従いまして、こうした場合には、使い道が限定されている自動車ローン、あるいは住宅ローンにつきましては保証人又は担保が必要となることから、こうした枠からは外れることになります。

そして、信用関係に因る契約の取り交わしによって融資を受けることができるのが消費者金融になります。